読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカの陽だまりの下で

2年間、アフリカの海沿いの街で暮らします。環境教育。日々感じたことを書いていけたらな。

世界環境の日2

6月1日。

環境クイズ大会&校内ゴミ拾い。

※写真はほぼ友人のものを拝借しています。

 

10時開始予定のため、9時に学校へ。

環境事務所長に、直前打ち合わせの約束をすっぽかされ、

不安になりながらの会場準備。

生徒たちがぱらぱら集まってきた。

f:id:taranahhh:20160607072926j:plain

実は6月10日までは学校・・・

なんですが、生徒数は少ないし、みんな外で遊んで野放し状態。

期末試験が終わると、子どもも先生も学校に来なくなります。

親が子どもを登校させないんだって。

 

 

で、そろそろ始めようかなーと思ってると

「いや、その前に全教員を集めて挨拶するよ!」と言われる。

 

で、会場準備に1時間近く待ち、

やっと環境事務所と教育事務所の長がきたー、と思ったら

(お偉いさんはすべてが整ってから遅れてくるのがステータス。

教育事務所長は、ドレス着替えに家帰って遅れた。笑)

 

「いや、県知事と郡知事がまだ来てない。」

え。。。

そんなおおごとにするつもり、ないのだけど・・・

 

1時間後にやっと県知事&郡知事到着、開始。

先生は60名ほど。

f:id:taranahhh:20160607074001j:plain

 

挨拶自体は15分もかからず

いよいよクイズ大会。

 

本当はクラス対抗がよかったんだけど

生徒が少ないから学校対抗に変更。

2時間以上待って、疲れちゃった生徒、帰っちゃった生徒も。

でも200人くらい集まった。 

f:id:taranahhh:20160607072715j:plain

 

クイズに正解した学校の子どもたち、大喜び。

f:id:taranahhh:20160607072731j:plain

 

喜びすぎ。笑

f:id:taranahhh:20160607073007j:plain

 

教育長や環境長、県と郡知事もまあ満足そう。

写真見る限り。

f:id:taranahhh:20160607072724j:plain

 

現地先生に手伝ってもらいながら、なんとか終了。

人前に出るのが大の苦手の私は、かなり消耗した・・・。

 

そのあと学校内のゴミ拾いをする予定でしたが

環境事務所長、なにも用意しておらず。

ほうきや手袋、ゴミ箱買うって約束したのは誰だ!

雨も降ってるし、ぱぱっと拾っておしまい。

 

また、先生方は会議の続きで別の部屋へ行ってしまい、

ご褒美のジュース配布時は、大混乱。

あーあ・・・まあそうなるよね笑

 

そんな中、環境事務所長は

「おれたちのジュースはないのか!?」って主張する。

 

 

このイベントは環境事務所が毎年やっており

「その一部を教育事務所(私の配属先)と連携して一緒にやりましょう」

と私が提案したのでした。

今回の目的は、子どもうんぬんというより、

私と環境事務所、環境事務所と教育事務所がつながること。

以前はお互いの存在すら知らなかったようだから。

 

一応イベントという形にはなったけれど

 

約束破るとか、話が変わるとか、

地位が高い人だけにはすごくいい顔するとか、

「あ(-"-)?」

ってなって、環境事務所長とはたくさん喧嘩しました。笑

 

文句を挙げればきりがありませんが

多分外国人とかボランティアっていう存在と仕事するの

初めてで大変だったろうなーとも思う。

喧嘩はしたけど、「あーやっぱりこの国の人だ笑」

って、このツッコミどころ満載の国民性を面白がってる自分もいて。

 

やらないより、やったほうがよかったわ!

っていう今のところの結論。