読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカの陽だまりの下で

2年間、アフリカの海沿いの街で暮らします。環境教育。日々感じたことを書いていけたらな。

環境省の事務所

 

最近一緒に活動し始めた、

環境省の事務所です。

 

6月5日の「世界環境デー」で

子ども対象の、町中ゴミ拾いイベントをやりましょう、と。

f:id:taranahhh:20160422035827j:plain

 

事務所の建物。

私の配属先の「教育事務所」よりこぢんまりしてる。

f:id:taranahhh:20160422034851j:plain

 

無駄に広い広場。

何に使うんでしょう?笑

f:id:taranahhh:20160422034830j:plain

 

打ち合わせが終わった後はお散歩開始。

この辺はきれいに整備されています。

f:id:taranahhh:20160422034956j:plain

 

民家の間の、細い道を進んでいくと・・・

(こういうところ探検するの楽しい)

f:id:taranahhh:20160422035054j:plain

 

うみー! 

急に視界が開けて、

思わずわあーって叫んでしまった笑

f:id:taranahhh:20160422035057j:plain

 

世界環境デーのイベント自体は

本当になんのひねりもない

自己満足なイベントなんだきっと。

 

でも、今までお互いの存在すら知らなかった

環境省と教育省が繋がっていくこと

(日本だったらありえないけどね、ほんとに知らなかったらしい)

 

自分自身が、与えられた学校という場から

一歩だけ外に出てみること

 

そんな意味がある1日になるように。

ちょっとずつ。

f:id:taranahhh:20160422035106j:plain