読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカの陽だまりの下で

2年間、アフリカの海沿いの街で暮らします。環境教育。日々感じたことを書いていけたらな。

アフリカ たべもの パート5

 先生の勉強会が終わった後

 

お食事&飲み物で、軽く打ち上げがありました。

そのときのごはん。

ザ・アフリカ飯! 

f:id:taranahhh:20160305021651j:plain

 

「ジャマジャマ」

 手前の、緑の葉っぱを人参や玉ねぎと炒めたもの。

 これだいすきー。

 ジャマジャマとは葉っぱの名前で、他にもいろんな種類があります。

 

「ピラフ?」

 味付きのお米。油や調味料を入れて炊きます。

 

「バトンドマニョック」

 右後ろの細長い、葉っぱに巻かれたもの。

 マニョック=キャッサバを発酵?して作る。

 食感はもちもち。でも臭い。私は食べられない・・・

 

「プランタン」

 中央後ろの黄色いやつ。

 見た目はバナナで、それよりもちょっと大きい。

 味は芋。

 

「お肉としっぽ骨のトマト煮」

 左後ろ。

 鶏肉と牛肉がありました。トマト煮は定番。

 あと、骨だから食べられないと思ってた塊が

 実は牛のしっぽ(骨)で、ここでは普通に食べるらしいです。

 

 

すごいごちそう、美味しかったー。

食事は、学校ごとに持ち回りで作っているそうです。

予算は、勉強会参加費の「1,000フラン(約200円)/1人」で、やりくりするそうです。

何十人ものご飯を作るの、大変だったろうな。。

(そして恐らく、予算オーバーしてる…。)