読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカの陽だまりの下で

2年間、アフリカの海沿いの街で暮らします。環境教育。日々感じたことを書いていけたらな。

モロッコ&セネガル旅 雑記

旅中のごはん。

旅仲間と、現地の食事を堪能したり

ひとりの時は、だいすきな果物主食にしたり。

 

特にモロカンフードにはまって

早速家で、なんちゃってクスクス作った。

不細工ですけど味はそこそこ~

f:id:taranahhh:20160806002224j:plain

 

で、一人で食べてて気が付いたんですが

私の「満腹要素」って

物理的に食べることとは、ちょっと違うなあって。

 

人と語らうこと

空間の居心地の良さ

その日のメンタル

それらに満足していることが、満腹の要素。

 

 

*****

他国で活動するひとたちの話を聞いて

共通点もあれば

まったく違う点もあって

とても興味深かった。

 

いろんな話をしたけれど、全体として

「今、すごい狭い世界で生きてる」っていう

頭でわかってる事実が、実感できた。

 

海外にいるのに狭い世界って、変かなとも思うんですが

日本人コミュニティという枠でみると、結構狭いんです。

 

狭い世界で生きることは全然悪くないけど

狭い世界で生きてるという自覚をしないと

見失ってしまうものがあるんじゃないかと。

f:id:taranahhh:20160810005711j:plain

 

モロッコもセネガルも、

空がとても広かった。

f:id:taranahhh:20160810005706j:plain

 

 

セネガル旅

どーん!

f:id:taranahhh:20160810004628j:plain

ずっとずっと

会いたくて仕方がなかった

憧れのバオバブに会ってきました!!!

 

日本にバオバブの映画があるのですが

その映画の撮影地がセネガルにある!ということで

同期に連れて行ってもらいました。あーしあわせ。

 

ゴレ島の奴隷の家。

奴隷取引は、ハイリスクな商売。

だから、一度この島に奴隷を収容して、ここから奴隷船に乗せたのだそうです。

f:id:taranahhh:20160810004638j:plain

 

ジョワールという

クリスチャンが多く住む場所。

貝殻でできた島に、お墓がたっています。

f:id:taranahhh:20160810004641j:plain

 

夕暮れ時。

f:id:taranahhh:20160810004648j:plain

 

首都に日本料理屋さんがあったので

3回もサーモン食べちゃいました!

サーモンすきだなあ。

f:id:taranahhh:20160810004654j:plain

 

こちらも10日間の旅でした。

首都は、私のいる国なんかより大分発展してる!!

けど、地方はむしろこっちのほうが栄えてる?という感じ。

 

同じフランス語圏ではあるけど(セネガルは現地語がメイン)

訛りが強くて、結構聞き取るの大変だった…

 

モロッコ旅

モロッコ10日間の旅。

 

ハッサン2世モスクに感激。

f:id:taranahhh:20160806002318j:plain

 

タジン鍋。

モロッコ食べ物が美味しい!!!

f:id:taranahhh:20160810004145j:plain

 

イミルシルの湖に行く途中に会ったこどもたち。

かわいいなあ~。

f:id:taranahhh:20160810004123j:plain

 

フナ広場。

21時まで外が明るいので、ついつい夜更かしの毎日。

f:id:taranahhh:20160810004131j:plain

 

果物も豊富!

オレンジ生絞りジュースとかね!

f:id:taranahhh:20160810004137j:plain

 

大自然あり大都会あり!

同じアフリカ大陸でも

なにからなにまで違う、感動しっぱなしのもろっこでした~。

 

家に帰ってきた~

モロッコ&セネガルの旅

その後じんましんで首都滞在を余儀なくされ、、

やっとお家に帰ってきました。

 

1か月いなかった家は、

予想よりもきれいに保たれていた。

蜘蛛の巣とムカデが増えてたくらい。

 

びっくりしたのは、家の周りで

水道管の工事が行われていたこと!

f:id:taranahhh:20160805030934j:plain

 

いきなりどうしたんだろう!?

この周辺にも、水道が整備される日がきたんだなあ・・・。

本気出せば(偉い人からの指示があれば)なんとかやっちゃう、ここの人たち。

 

任地の友達にあいさつまわりしてたら

あと5か月くらいしかここにいられないんだ~としみじみ。

学校は長期休暇中だけど

残りのアフリカ生活でやりたいこと、さくさく進めていかな!!

 

旅の話などはまた書きたいと思います。

 

強い自己中心主義

「不幸論」中島義道

全体としてこの本はとてもとても面白かった。

私の中にあるぼやっとした感覚を形にしてくれたような、正直な本。

 

その中で「強い自己中心主義」

という言葉が出てくるのですが

 

自己中な人、

私は結構すきです。

 

ただ、自己中にも種類があって

すきな自己中にも条件があると判明した。

 

すきな自己中。

「自分の」頭で考え、それに素直に行動するひと。

そして、他のより良い考えに納得したら

自分の意見を変える柔軟性を持っているひと。

 

好ましくない自己中。

その場の感情や気分だけで動く人。

(あくまで私にとって好ましくない、です。)

 

このふたつ、同じように見てたけど

全然違うじゃんって気が付いた。

 

気が付いたから、もう大丈夫。

惑わされることはないし、

もし惑わされても戦えるようになったよ、と思う。

f:id:taranahhh:20160507202631j:plain

 

 

川下り

引き続き、他任地でのできごと。

川下りをしてきました~!

f:id:taranahhh:20160623024714j:plain

 

手漕ぎボートに乗り、川をどんどん下ります。

f:id:taranahhh:20160623024847j:plain

 

きれいなハス。

中学のテニスコート近くに大賀ハスっていう珍しいハスが植わってて

なんとなく親しみを感じる植物です。

(ソフトテニス部だった。)

f:id:taranahhh:20160623024903j:plain

 

途中、水の森?に入ってみたり。

f:id:taranahhh:20160623025024j:plain

 

なんとか族の村にお邪魔してみたり。

(会えなかったけれど。)

f:id:taranahhh:20160623025107j:plain

 

アセロラ?みたいな果実をもらいました。

f:id:taranahhh:20160623025120j:plain

 

2時間ほどの川下り、

1人約4,000円のツアーでした。

 

うつくしい自然環境からの、めぐみ。

これが生業となる人々がいる。

 

今、私はゴミ関係のことをやってるけれど

現地の人が、グリーン(自然)をどう捉えるかによって

これら自然の形が、決まってゆくのだろうね。

 

 

他任地の学校訪問

他の任地で環境教育に携わる先輩の

学校訪問(私立の幼稚園~高校)にいってきました。

 

学校菜園。

f:id:taranahhh:20160623024156j:plain

 

ゴミ箱。

生ごみ・プラスチック・その他の、3種類に分別して捨てる指導をしているそうです。

写真はプラスチック用のゴミ箱。

最初と比べると、大分改善されたそう。

f:id:taranahhh:20160623024449j:plain

 

ここに分別したゴミを、まとめておいていたそうです。

今は諸事情で使っていませんが…

f:id:taranahhh:20160623024203j:plain

 

アートに力を入れている学校なので、

工房があります。

f:id:taranahhh:20160623024221j:plain

f:id:taranahhh:20160623024227j:plain

 

校舎にもところどころにアートが。

f:id:taranahhh:20160623024303j:plain

 

f:id:taranahhh:20160623024452j:plain

 

夜はおいしいご飯を作ってもらいました。

f:id:taranahhh:20160623024505j:plain

 

同じ環境教育に携わっているけれど

学校の事情もやっていることも結構違って

自分のやりたいことやればいっか、と思った一日でした。